<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 | main | 仕事上の大トラブル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術

評価:
ジーン・ゼラズニー,数江 良一,菅野 誠二,大崎 朋子
東洋経済新報社
¥ 2,310
(2004-12-10)
プレゼンテーションに関するフレームワークをとてもわかりやすく解説してくれる。

私がこの2年間で得たものの具現化、さらに気づきを与えてくれました。

私が一番大事にしているのは「自信」を持つこと。

お客様や、同僚の時間を頂くわけですから、本人に自信がないプレゼンは辞退すべきですね。

「聞き手の権利宣言」はプレゼン前に自分のプレゼンが値するかを再確認させてくれるのではないでしょうか。

ビジネスマンなら目を通しておくべき一冊。

------------- 以下私的メモ
PIPの法則
 Purpose(目的)
 Important(重要性)
 Preview(予告)

SO WHAT?(だからなんなの?)
Transition(移行の段取り)・・・次の資料へと案内するための移行の言葉

自信を持って望むには・・・・
.廛譽璽鵐董璽轡腑鵑量榲
∧垢手をよく理解している
自分の資料に精通している
ぜ分自身を知っている

プレゼンテーションのプロ。
→自信 / 確信 / 熱意

レビュアーとして。
”甸兇任△襪海函
建設的であること。
5甸囘であること。
じ充妥であること。
uzr * * 00:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:19 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ